So-net無料ブログ作成

サイモン&ガーファンクル~東京ドーム公演 [音楽]

67才という彼らの年齢を考えたらもしかしたら最後の日本公演かもしれない。そう思ってこの公演が決定したとき思わずチケットを買ってしまった。ドラマの主題歌「冬の散歩道」で彼らを好きになってしまった僕は今日の日を楽しみにしていた。聴きたい曲は山ほどある。
外は蒸し暑かったがドームの中は冷房が効いててとても快適だ。ただ大きな会場だけに座席に着くまでに時間がかかったこと。水道橋に到着したのが6時。グッズを買って着席できたのが6時50分。なんと開演の10分前だった。
・・・というわけで開演も約15分遅れだった。ツアー中なので詳細は言えないが、年齢を感じさせないハーモニーと若干アレンジを加えた演奏は僕が予想していた以上に派手なライブだった。Wアンコールもあり聴きたい曲のほとんどを歌ってくれた。そして世界のヒット曲が生で聴けるのは何より素晴らしく幸せなことだとつくづく思った[わーい(嬉しい顔)]
200907101838000.jpg
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/SimonAndGarfunkel/


nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

追悼 三沢光晴&マイケルジャクソン [日記・雑感]

僕にとっての偉大なスターが相次いで亡くなった。
昔から全日本プロレスが好きだったのでジャイアント馬場の魂を引き継いでいる団体、ノアのプロレスはとても好きだった。そしてその団体の社長である三沢さんは一プロレスラーとしてではなく人間としても尊敬だった。常に満身創痍で社員のことを考える彼はみんなからも慕われる存在だったという。4月からのテレビ中継がなくなり残念に思っていた矢先のこの事故。社長&レスラーの兼業でストレスや疲れがたまっていたのかもしれない。古傷の首は下に曲がらない状態だったという。それでも選手としてリングに上がり続けた三沢さん。偶然の事故とはいえ46才はあまりにも早すぎる。
そしてまたまたショッキングだったのがマイケルジャクソン死去の知らせ。こちらも50才という若さ。ここ数年は何か行動を起こすたびにマスコミの標的にされ悲劇のヒーロー的な存在だったかもしれない。でも音楽の才能は天才的だったと思う。学生時代はよく彼の音楽を聴いた。個人的にはポールとのデュエット「Say,Say,Say」が好きだった。
偉大なる二人の死を謹んでお祈り致します。


http://www.noah.co.jp/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/MichaelJackson/

nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨入り [日記・雑感]

昨日、関東地方も梅雨入りした。でも今月は梅雨前線の活動は弱くシトシト冷たい雨が続くらしい[小雨]ここ数日のジメジメ感で梅雨入りを肌で感じていたが約1ヶ月この状態が続くと思うとちょっと憂鬱だ[曇り]でもここ数年の猛暑はもっと憂鬱だ[晴れ]
将来は梅雨のない北海道、さわやかな夏の北海道に住むのも悪くないかも・・。

nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

坂井泉水さん三回忌 [音楽]

昨日は「ZARD」坂井泉水さんの3回忌だった。あれから2年も経つのかと思うと月日の流れはとても早い。
彼女の詩は自分と重なる部分も多くとても魅力的だった。その詩はとても切なくそこに織田哲郎のアップテンポな曲が加わると最高の楽曲が誕生した。カメラを向けられると緊張してしまうからとメディアにはほとんど出ず、詩で自分を表現してきた彼女。それでも唯一の全国ツアーは素晴らしかった(僕も武道館に参加した)。
40才という早すぎる死が残念でならない。でも彼女の楽曲はこれからも愛され永遠に歌い継がれていくでしょう。ご冥福をお祈りいたします[るんるん]

http://www.zard.co.jp/#live2
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

テキスタルアート展 [アート]

テキスタルアートという言葉を知ってるだろうか。僕も初めて知ったのだが着物の生地に刺繍や貼り付けをしてデザインを完成させる本場はドイツの芸術だ。
片平たかしさんという僕の友人がいる。いや、普段からいろいろ相談にのってもらったりスピーチの原稿を作ってくれたりなので友人というよりは先生と呼ぶべきだろう。先生がこのテキスタルアートの展示会を開催しているので行ってみた。
画像では見えないのが残念だが一つ一つのデザインが刺繍で丹念に縫われていて細かい作業を何日も費やして作られている力作ばかりだ。僕が気に入った作品を紹介する。

春を夢見て.jpgバラのある部屋2.jpg
「春を夢見て(右)」「バラのある部屋(左)」

200905241404000.jpg
「マイセルフ」
b7451982b0c4395954c1ca4efb7f23cb.jpg
「合掌」

作品を見て思うことはそれぞれあると思うので詳しいコメントは控える。でも最後の「合掌」、沈む夕日に向かって合掌する・・・これを見てると気持ちが落ち着いてくる。

http://blog.goo.ne.jp/tk-1215
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

レーシック [日記・雑感]

先週レーシック(視力矯正手術)を受けた。
もともと裸眼で0.1ほどしかなかったので以前から興味はあったが、感染症やら手術ミスやら不安はあった。しかし最近同僚が受け「世界が変わった」の一言で受ける決心をした。
正直怖かったが麻酔をしているので痛みもなく手術は15分ほどで終わった。麻酔が切れたとき1時間ほど痛みと涙が止まらなかったが翌日には確かに世界が変わっていた[ぴかぴか(新しい)]
一週間後視力を測ったら1.0。医学の進歩はたいしたものだ。

http://www.shinagawa-lasik.com/index.html
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Kaori Kawamura 20th Anniversary Live 羽化 ・・」渋谷C.C.Lemonホール [音楽]

川村カオリさんが癌との闘病生活をしているのを知ったのは今年に入ってからだった。彼女の詩にラブソングはなく心の痛み・政治的な歌・疑問・問いかけを訴える独特な世界にとても興味があって昔はよく聴いたものだった。もう10年以上前だがこの場所、渋谷公会堂で彼女のパワフルなライブを見たのが懐かしい。
そして2009年5月5日、再び彼女歌声が聴けた。正直もっと痛々しいライブと予想していたが、ラジオの公開録画あり、盛りだくさんのゲストありで約3時間とても楽しいライブだった。懐かしい「金色のライオン」や「見つめていたい」はCDと比べ迫力ある声量に驚いた。

世の中では自ら命を落とそうとしている人がいる。でもそういう人たちは闘病しながら生きてる人がたくさんいることを知って欲しい。この前テレビでやっていたが、癌で余命を告げられた3人がそろってホノルルマラソンに出場した。全員完走だけでも驚いたが奇跡的なことに余命後もみんな元気で一人はなんと完治した(確かそうだったと思う)。「気力」は西洋医学では証明できないものすごい治癒力をもっている。カオリさんも歌い続けることで奇跡が起きるのを信じてる。

カオリさんアンコールの「ZOO」では立ち上がり、何とギターをもって歌ってくれた。あれも奇跡の一歩かもしれない。そして「ZOO」はやっぱり名曲だ[るんるん]
http://www.kawamurakaori.com/
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大黒摩季「Luxury Tour 2009」 [音楽]

あの大黒摩季が地元に来るとあって以前からかなり楽しみにしていた。大ホールといっても1000人ちょっとのホールなのでどことなくアットホームな感じがする。
6時15分、定刻より15分ほど遅れてライブがスタート。1曲目からぶっちぎるのかと思ったら落ち着いた感じの曲から始まった。そして2曲目も3曲目も落ち着いた感じの曲。もしかして・・・。ここでようやくツアータイトルの意味を理解した。そういえば最近落ち着いた感じで過去の曲をアレンジしたアルバムを出したっけ。熱いライブになるかと思ったのでちょっとがっかり[がく~(落胆した顔)]
でも聴いているうちに摩季さんの歌のうまさに引き込まれていた。同じ曲でもアレンジひとつ変えただけで全然雰囲気が違う。日常生活でも考え方を変えれば全然違う見方ができるのかなぁなんて思ったりもして・・。
とにかく今までと違い癒されたライブだった。弟が東海大学出身で厚木に住んでいたことがあり昔厚木に遊びに来たり、旦那さんが青学出身で厚木でデートしたことがあったり何かと厚木に縁のあるトークも興味深かった。
アンコールでは大摩季ちゃんコールで「厚木って熱いねぇ」と摩季さんも本当に嬉しそうだった。僕は首都圏では見られない地方のライブ特有のこの一体感が大好きだ!
今年後半は今までどおりの熱いライブをやるらしい。今年はもう一回摩季さんに会えそうだ[わーい(嬉しい顔)]

http://www.m-drive.net/pc/
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ニョッキ [グルメ]

イタリアンは何回か行ったことあるがこのメニューは初めてだった。
パスタの一種でじゃがいもと小麦粉で作られたイタリア料理らしい。
食べた一瞬もちもちパンのような食感だが次第にじゃがいもの甘味と小麦粉の感触が伝わってくる。
ちょっとはまりそうなメニューかも・・[ぴかぴか(新しい)]
200904181421000.jpg
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蒸し寿司&花見 [日記・雑感]

200904061524000.jpg
箱根に中村屋という寿司屋がある。
そこにある「蒸し寿司」という期間限定メニューがある。
ちらし寿司をそのまま釜飯風にしてるのだがこれがむちゃくちゃウマい[わーい(嬉しい顔)]
しかも具沢山でちょっとお高めだが贅沢な味だ。
http://www.hakone.or.jp/nakamuraya/index.html

箱根に行く前に桜が満開の時期だからと友達との約束を早め小田原城に寄った。満開の桜が僕たちを迎えてくれた。「花見」と称して桜を見に来るのは久々かな。酒を飲みながらの花見は嫌いだが散策しながらの花見は大好きだ。平日にもかかわらずかなりの賑わいだった。
200904061419000.jpg200904061336000.jpg200904061429000.jpg200904061416000.jpg
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。